5月8日 天然酵母のパンとの出会い

d0023047_23494875.jpg

            フィグ入りライ麦ブレッド(天然酵母)

今から十年ほど前にJHBSのパン教室に通いそこからパン作りの面白さを味わう日々がスタート。ここまでパン作りを続けてこられたのは、Y先生との出会いがあったから、雑誌のライター(住まいと設計)、英語教師に従事され時間が空くと、末期がん患者さんのボランティア活動と、アクティブで魅力的、この姿がお手本でもありました。人間には何本かの柱があり、一本が崩れても残っている柱で支えあえる。こんなお話をパン教室の合間に何度と無くお聞きし心に刻まれたような気がします。

そして昨日、おいしい@かおのEriさんのご好意で天然酵母のパン作りを教えていただく機会に恵まれました。

"baneton"   Eriさんのパンお教室
世田谷の閑静な住宅街、玄関正面は乳白色のオパリーンというガラスブロックで囲まれ、やわらかい日差しと共に笑顔がまた素晴らしいEriさんがお出迎えに、その笑顔に緊張の糸がプツリと解け、楽しい会話の糸口になったような気がしております。

念願の天然酵母の酵母作り、まずは生種作りの説明からスタートしてくださり、焼き上がるまでの数時間、パン作りのあれこれを語り合い、天然酵母の美味しさを噛み締めた時間でした。
(この日に限ってカメラを忘れました~。)
とにもかくにも・・探し求めていたパンが見つかった喜びで一杯です。
この美味しさ皆さんと共有したいですぅ~

帰宅後Eriさんがおみやげに準備してくださったパン生地で、アリエッタのアリエッタを再現してみると、
何と・・何と・・何と、それらしきパンが焼きあがったのです。家族からは絶賛の嵐でした(自我自賛ですいません)

d0023047_23523255.jpg

d0023047_23533299.jpg


またまた、大事な生種までいただき、ありがとうございました!すっかり天然酵母の魅力にとりつかれたようです。またまた、パンの出会いに感謝です。

コメントで私の好みを把握してくださっていたようでフィグとカンパーニュを仕込んでおいてくださったのです。こんな心使いにも感謝です!
[PR]
by chojiiro | 2006-05-09 23:59 | パン教室
<< しばしブレークタイム 5月3日~5日  気ままな日々 >>