グリーンコーディネーター

かねてから資格取得したいと思っていたグリーンコーディネータ、とうとう、仕事がらみで植物の提案がかかせなくなり思い腰をあげました。植物の特性・育て方・アレンジの仕方など、住まいとは切り離せない分野になっていますね。こちらのお店の感性が好き!
d0023047_9445638.jpg

d0023047_9453344.jpg

d0023047_10165295.jpg

d0023047_9474491.jpgd0023047_947577.jpg






















肩を張らない、住まいに溶け込んだグリーンの使い方、こちらのお店ではそんな植物への思いが感じられます。
追記Verrine de Vert←mikiさんこちらのお店です。あのカモミールのコーヒーカップの・・・)そしてブレークタイムの・・・
 

☆追記しました☆
*グリーンコーディネーター(13歳のハローワークから)
観葉植物の知識を持ち、観葉植物を使って、家庭や商業施設、飲食店や小売り店などの店、ホテル、オフィス、イベント会場などを演出するプロフェッショナル。グリーンコーディネーターに必要なものは、観葉植物の種類や栽培・管理方法に関する知識とノウハウをはじめ、インテリアやエクステリアのデザインセンス、植物と照明の関係、エコロジーと環境の知識など。また、顧客にわかりやすくデザイン案を説明するプレゼンテーション力や、仕入れや搬入といったマネジメント力、重い観葉植物を運べるだけの体力が欠かせない。職場は園芸店やフラワーショップ、植物リース会社、インテリア会社などのほか、フリーで働く人も多い。経験や知識がなくても就職は可能だが、最近ではグリーンコーディネーターの養成コースがある専門学校も登場した。なお、園芸装飾技能士(1、2、3級)や、フラワー装飾技能士(1、2級)の資格をとっておくと、有利になる。
[PR]
by chojiiro | 2006-10-01 09:57 | すき
<< 秋の恵み、つくばの恵み 島オクラ >>